ご相談時の状況

亡くなられた曽祖父が所有していた不動産を相続したい、とのご相談をいただきました。
お父様や祖父様もすでに亡くなっているので相続人はひ孫である自分だけだ、
とのお話でした(代襲相続といいます)
相続が終わったら不動産を売却したいのでなるべく早く進めたいとのご希望もございました。

ご提案内容

戸籍の調査をして相続人がお一人でしたら手続きも早く進みますよ、とお答えを致しました。
ところが、曾祖父の方からの戸籍を調べていくと、
実は曾祖父の方には別に子供がいたことがわかりました。
しかも今回の相続登記には、数十年前にされていた別の登記が関係してくる可能性がありました。

このようにイレギュラーなケースでは後から揉めてしまうこともありますので
数十年前にされた登記の書類も調べた方がいいかもしれませんね、
とアドバイスをしました。

以前された登記を法務局で調べるためには特別な事情が必要であるため、
法務局との打ち合わせも必要でした。

最終的には

上記の事情を法務局に伝えたところ、
そのような事情があれば数十年前の登記を確認してもらっていいですよ、
との回答をもらうことができましたので
無事に調査を進めることができました。

新たに判明をした相続人の方との話合いもスムーズに進み、
相続登記を無事に完了することができました。

 

柏市・松戸市・我孫子市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談下さい。