ご相談時の状況

相続人のうちお一人が成年被後見人で、弁護士の方が後見人になっていたケースです。
お付き合いのある弁護士の方からのご紹介でした。
不動産や投資信託など遺産が多い方でしたが、兄弟間で公平になるよう不動産を共有することになりました。

このケースでは、様々な事情があり裁判所の調停によることになりました。

調査内容

調停内容がかなり複雑な内容でしたので
弁護士の方と打ち合わせをしたうえ、
相続人間で分け方が公平になるよう登記をすることになりました。

最終的には

相続人の意思が反映され、かつ裁判所の要求も満たすことができるよう
登記が完了しました。

弁護士の方が関係する場合には相続人間で争いがあることも多く
内容がシビアになることもありますが、
無事に登記を完了することができました。

 

柏市・松戸市・我孫子市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談ください。