千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

Q 住民票と戸籍って同じじゃないの?

Q  住民票と戸籍は同じじゃないの?2つとも取る必要はないんじゃないの?

A  住民票は「住所」を戸籍は「家族関係」をまとめたものですので、
  それぞれ別のものになります。

    相続登記をするときには両方とも必要になってきます。

    ご自身で相続登記をしようと思って準備をしてみると、まず最初にここでつまづく方がとても多いです。
    住民票はお馴染みのものですのでなんとなく「住所」が書いてあるものだとイメージできるかと思います。
    相続登記をするときに戸籍が必要なのは、
 「お亡くなりになった方に奥さんはいたのか、お子さんはいたのかいなかったのか」など、
  相続人が誰であるかを調べる必要があるからです。
    

    このように、2つは使い道が違っているため手続きをするときには両方とも必要になってきます。

 

    なお、住民票は「現在お住まい(住民登録のある)」の市役所や区役所
             戸籍は「本籍地のある」市役所や区役所
    などで取得することができます。

   「本籍なんて覚えていないよ」という方は、住民票には本籍を載せることもできますので、
    まずは住民票を取ってみましょう。

 

≪今回の解説者≫
ウィズアス行政書士法人
埼玉県川越市並木865-1・2階
業務執行役員 行政書士 曽根あゆみ 先生
HPアドレス
http://gyosei-with.com/
TEL:049-236-1885

柏市・松戸市・流山市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談ください。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.