千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

固定資産評価証明書と名寄帳

相続登記の際に固定資産評価証明書や名寄帳が必要なのかに関するお悩み・ご相談にお答えします。

相続登記を申請する際は、その不動産の「固定資産税の評価額(以下、評価額といいます)」を調べる必要があります。登記をするために必要な「登録免許税」を計算するための基準となるからです。この「評価額」を調べるには

・市役所・都税事務所で固定資産評価証明書を取得する
・毎年、市役所等からご自宅へ送られてくる「固定資産税の納税通知書」を確認する
・(千葉県の場合)法務局に備え付けられている台帳を確認する

などの方法があります。

【名寄帳を取得する】

「名寄帳」とは,同一人が所有する固定資産(課税物件)を一覧表にしたものです。被相続人が所有している不動産が全て記載されていますので、この書類を取得すると相続財産の漏れを防ぐことができます。固定資産評価証明書には記載されていない不動産がある場合もありますので、相続登記の際には念のために名寄帳も取得をした方がよいでしょう。

なお、名寄帳は市区町村ごとに作成されている書類です。全ての不動産が記載されているとはいえ、複数の市に土地や建物を所有している場合には一通で網羅できるわけではありません。例えば、被相続人の方が松戸市と柏市と鹿児島市に不動産を所有している場合には、それぞれの市に取得請求をする必要がありますのでご注意ください。

 

松戸市・柏市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談ください。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.