千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

孫に直接不動産を相続させることができるのか

自分が所有していると不動産を孫に直接相続させることができるのかに関するお悩み・ご相談についてお答えいたします。

父(Aさん)子(Bさん)孫(Cさん)のご家庭で、Aさんが亡くなった場合にAさんの所有する不動産をCさんに直接相続させることは可能なのでしょうか。

最近は、相続税対策のためになるべく早めに下の世代に相続をさせたいという方が増えてきています。しかし、今回のケースでは孫のCさんに直接「相続」の登記をすることはできません。あくまでも、「相続」の登記ができるのは「法定相続人」の方です。Aさんが亡くなった時点では子(Bさん)がいますので、相続人はBさんになります。したがって、「相続」の登記をすることができるのはBさんだけです。Aさんが孫のCさんに不動産を残したいと思った場合には、「遺言」によって遺贈をするという方法があります。

孫に財産を渡すことによっって相続税の節税になる方法は色々ありますので、節税に詳しい税理士さんと打ち合わせをして早めの対策をするといいですね。

 

松戸市・柏市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談ください。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.