千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

実家の「名義変更」の意味

不動産の名義変更をしたいというお悩み・ご相談にお答えします。

依頼者の方から「不動産の名義変更をしたい」とご相談をいただくことがあります。

司法書士になりたての時は「名義変更」とは「不動産の所有権が移るので所有者を変更する」という意味であると考えていました。例えば「不動産を購入するから」「不動産を贈与してもらったから」「親が亡くなったので相続が発生したから」という理由で所有権が移るというケースです。法律上・登記上は「所有権移転」といいます。

しかし、ご依頼を数多くいただいていると「名義変更」を「所有権の移転」という意味のほかに「引越しをしたから住所を変えてほしい」「結婚をして苗字が変わったから登記簿の名前を変えてほしい」という意味で使われる方もいるということに気づきました。

確かに、「苗字を変える」→「名字を変える」→「名義を変える」ということなんですね。法律上・登記上は「所有権登記名義人氏名変更」といいます。

日常用語と法律上の用語にはズレが生じることもありますので、司法書士は専門家として日常用語と法律上の用語の正確な橋渡しをさせていただけるよう努力しています。
(他にも例えば「相続放棄」という用語にもズレがあるように感じています)

 

松戸市・柏市・船橋市の相続登記は「とうかつ司法書士事務所」へお気軽にご相談ください。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.