千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

法定相続人・法定相続分

法定相続人となる人とは

法定相続人になる人の順位は
☆配偶者は必ず相続人になる
①子供がいれば子供が相続人になる
②子供がいなければ尊属(通常は両親)が相続人になる
③尊属がいなければ兄弟姉妹が相続人になる
と法律で明確に決まっています。

当たり前のように感じるかもしれませんが
この相続人となる人に当たらなければ、
被相続人の財産形成に多大な貢献をしていたり
被相続人の介護を一生懸命やっていたとしても相続をすることはできません。

ご注意ください。

 法定相続分はどのようになっているのか

法定相続人は上の動画のように決まっていますが、
法定相続分についても法律上決まっています。
①相続人が配偶者と子供の場合
→配偶者 1/2  子供 1/2
②相続人が配偶者と尊属の場合
→配偶者 2/3  尊属 1/3
③相続人が配偶者と兄弟姉妹
→配偶者 3/4 兄弟姉妹1/4

相続人間で話し合いがなされていなかったり、被相続人の遺言がない場合には
通常は、この法定相続分のとおりに土地・建物の不動産について相続登記をすることになります。

なお、こちらの動画でご紹介しているものは現行法に関するものです。

遺留分とは何?

遺留分とは、相続人が最低限貰うことができる相続分のことを言います。
遺言などによって一円も相続財産を貰うことができなくなったような相続人を
保護するためにある制度です。
遺留分を請求することにより不動産の移転登記を請求することができる場合も
ございます。

なお、遺留分は兄弟姉妹には認められておりません。
これは、動画でも説明をしていますが
それほど関係が強くない兄弟姉妹にまで相続をすることができるという
強い期待を認める必要がないためです。

※遺言・遺産や相続登記についてお困りの方はお気軽にご連絡ください⇒ご相談はこちらへ

≪今回の解説者(松戸・柏の司法書士×弁護士の士業・相続動画)≫
弁護士 田中尚幸 先生
露木・赤澤法律事務所 所属
東京都港区虎ノ門一丁目
03-5251-5211
HPアドレス
http://www.tsuyuki-lawoffice.com/

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.