千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続人と相続人以外の第三者

相続人と相続人以外の第三者(弁護士との士業対談動画)

遺産相続は相続人間で話し合いをすれば手続きをすることが多いです。
しかし、相続人が相続人以外の第三者へ遺言により財産を贈与する場合もあります。
このような場合には相続人以外の第三者が遺産について関係してくることになります。

田中先生によると、特に相続人が兄弟姉妹の場合には
関係性が希薄になってしまうことが多いため
そのような結果になることもあるとのことでした。

兄弟姉妹には遺留分もありませんし、
日頃から関係性が薄い兄弟姉妹が亡くなった場合には
あまり過度な期待は持たない方がいいかもしれないですね。

介護を受けている人と相続(弁護士との士業対談動画)

人がお亡くなりになる前というのは、
体が思うように動かずに介護を受けていることも多いと思います。
このような場合、介護をしてくれた方に遺産を多く残してあげたいと考えるのは人情ではないでしょうか。

そうお考えの方は、遺言を使って介護をしてくれた方に
財産を渡す旨を残しておいた方が よいかもしれません。
死後に介護をしていた方が
「介護をしていたのだから遺産を多く相続させて欲しい」
と主張をしてもなかなか認められづらいという
現実があるようです。
詳しくは動画をご覧ください。

遺言が必要な場合には、司法書士や弁護士などの
専門職にご相談ください。

※遺言・遺産や相続登記についてお困りの方はお気軽にご連絡ください⇒ご相談はこちらへ

≪今回の解説者(松戸・柏の司法書士×弁護士の士業・相続動画)≫
弁護士 田中尚幸 先生
露木・赤澤法律事務所 所属
東京都港区虎ノ門一丁目
03-5251-5211
HPアドレス
http://www.tsuyuki-lawoffice.com/

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.