千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続放棄と遺産分割の違い

 相続放棄と遺産分割の違いに関するお悩み・ご相談にお答えいたします。

相続人は被相続人が持っていた全ての権利義務を承継します。
しかし、プラスの財産(不動産等)よりもマイナスの財産(借金等)が多い場合には
借金を引き継ぎたくないと思うこともあるでしょう。

そのようなときには「相続放棄」の手続きをすることができます。

これによりその方は最初から相続人ではなかったことになりますので
借金を引き継ぐ必要もなくなるのです。

この「相続放棄」は家庭裁判所に対して申し立てをする必要があります。
しかし、よく勘違いされるケースとして相続人間で話し合いをして「私は財産も借金も全くいらないよ」
という内容でまとまれば、これが相続放棄だと思われている方がいらっしゃいます。
これは、あくまでも相続人間の「遺産分割」であって「相続放棄」ではありません。
遺産分割協議の結果、借金は全く負わないよという話し合いになったとしても
この内容は債権者(貸主)には主張することができませんのでご注意ください。

例えば、

・父親、長男、次男の3人家族
・父親には2億円の借金がある

家庭の場合を考えてみましょう。

父親が亡くなった場合、法定相続分通り相続をすると

長男: 借金1億円
次男: 借金1億円

を承継することになります。
次男が借金を負いたくないと考えて「相続放棄」(裁判所への申立)をすれば
次男は最初から相続人ではなくなるので長男が2億円の借金を承継します。

これに対して、長男と次男で「長男が全ての財産も借金も引き継ぐ」という話になった場合には(遺産分割)
次男は債権者から1億円の請求をされてしまうことになりますので注意が必要です。
「俺は借金を引き継がないことに兄貴との話し合いで決まったんだ!」といくら主張しても
法律上は債権者に対抗できないことになります。

相続手続きガイド

04-7199-2546 無料相談についてはこちら

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.