千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続放棄はいつまですることができるのか

相続放棄の期限に関するお悩み・ご相談にお答えいたします。

相続放棄を家庭裁判所に申し立てすることができるのは法律上
「自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内」に限られています。

相続放棄というのは、最初から相続人でなくなるという非常に大きな効果がある制度ですので
その主張できる期間は短い期間に限られているのです。

親や子供などの非常に近しい肉親が亡くなった場合
しばらくの間は葬儀や市役所への提出などの手続が煩雑になったり
落ち込んでしまいそのようなことに気を配っていられないような精神状態になるのが通常ですが、
それでも期間は過ぎていってしまいますので注意が必要です。
ご自身では気づいていないこともありますので
周囲にそういった方がいれば一言アドバイスしてあげるのもいいかもしれません。

もっとも、「相続が開始した時から3箇月以内」ではなく「自己のために相続の開始があったことを
『知った時』から3箇月以内」ですので、亡くなってからしばらく経った後でも
相続放棄を主張することができるケースもあります。

ただし、そのような場合には裁判所への申立が困難になっていきますので
専門家に依頼をすることをお勧めいたします。

相続手続きガイド

04-7199-2546 無料相談についてはこちら

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.