千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続放棄後に支払請求が来た事例

実際に相続放棄をした後に支払い請求が来たというお悩み・ご相談をご紹介いたします

この方のご相談は以下のような内容でした。

・母親が亡くなってから1か月ほどたった。
・母親には多額の借金があったようだが、いくらあったのかわからない。
・母親には財産はなかった。

このような状況の中「どこからどんな請求が来るのかわからないので安心をするために相続放棄をしたい」というご依頼でした。

すぐに必要書類を整え、裁判所へ書類を提出して無事に相続放棄手続きが完了しました。
ご依頼者の方には、「これで安心できる。ホッとしました」と大変喜んでいただくことが出来たのを覚えています。

しかし、その3か月後に相続人の家へ内容証明郵便が届きました。
「私はあなたのお母さんに1000万円を貸していた。ちゃんと借用書も残っている。だから相続人のあなたに借金を払ってほしい。私のところへ連絡をしてください。」といった内容だったそうです。

これを見てビックリしたご依頼者の方が「どうすればいいのでしょうか」と再度ご相談に訪れました。最初のご相談の時に、「もう借金を支払うことはありませんよ」と説明をしていましたが、 いざ本当に請求書来ると気が動転してしまったようでした。

私は「相続放棄は終わっていて裁判所からその書類も来ているのだから、コピーを債権者に送り、もう相続人ではないから関係ないですよ」という内容の返事をすれば大丈夫ですとお答えをし、依頼者の方もその通りに行動されました。そうすると、その後債権者からの請求はピタリと止まりました。

このように、相続放棄手続きはとても大きな効力を持っている制度です。
もしも、「借金を相続しそうになってしまっている」「どこから借りているのかもわからないが親には借金がありそうで怖い」という方はぜひ一度司法書士にご相談ください。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.