千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続登記と遺産分割協議書

相続登記に必要な遺産分割協議書に関するお悩み・ご相談にお答えします。

相続人が複数いれば、相続登記を申請する際には遺産分割協議書を提出する必要があります(法定相続分で登記申請をする場合を除く)。

遺産分割協議書には

・被相続人が誰なのか

・不動産は誰が相続するのか

・預金は誰が相続するのか

・その他、現金や株式は誰が相続するのか

を記載したうえで「相続人の全員」が文末に署名・押印(実印)をすることによって作成されます。ここで大切なのは「相続人の全員」が署名・押印をしなければならないということです。例えば、相続財産を一切承継しないという相続人がいるとしても相続人である以上、その方も署名・押印をしなければなりません。また、相続人の一人が行方不明になっている場合に「長年音信不通だからその方を除いて遺産分割協議をしよう」としても、その協議は有効なものではありませんので法務局に申請をしても登記は通らないことになってしまいます。
相続人間の仲が悪い場合には、代表となる相続人の方が署名・押印をいただくのに非常に苦労をされている場合もあります。相続税がかかるような財産規模の場合には、協議がまとまらないと相続人の全員が損をしてしまう可能性がありますので、反対をしている相続人もしぶしぶながら署名・押印をしてもらえるケースが多いようです。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.