千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

相続登記の戸籍・住民票の期間制限

相続登記に使用すること戸籍・住民票には期間制限があるのかというお悩み・ご相談にお答えします。

【相続登記に必要な戸籍】

相続登記に使用する戸籍を大きく分けると、

・相続人の現在の戸籍
・被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍

があります。

(相続人の現在の戸籍)
「少なくとも被相続人が亡くなった後のもの」が必要です。相続人の現在の戸籍は、被相続人が亡くなった瞬間にどの相続人が存在しているかを調べるためのものだからです。ただし、その後に変更が生じていることもありますので最新の戸籍を取得することをお勧めします。(金融機関や裁判所に戸籍を提出する場合には、取得後3ヶ月以内などの制限がある場合があります)

(被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍)
「期間制限はありません」。以前取得した戸籍でも大丈夫です。改製原戸籍や除籍などは、昔のことを証明する書類です。昔の事情というものはその後も変わりませんので、最新の書類であっても内容は変わらないからです。

なお、この両者については違いがわかりにくいこともありますのでご自身で申請をされる際には法務局でご確認ください。

【相続登記に必要な住民票】

「少なくとも被相続人が亡くなった後のもの」が必要です。なお、住民票に記載されている住所が登記簿に記載される住所になりますので、最新の住民票を取得することをお勧めします。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.