千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

自筆証書遺言とはどのようなものか

自筆証書遺言とは、「遺言者が紙に自ら遺言の内容の全文を手書きし、
かつ、日付・氏名を書いて署名の下に押印することにより作成する遺言」です。

文章を全て自分で書かなければならないことから
パソコンで文章を打って最後に署名・捺印をするという形では無効になってしまいます。

メリット

自分で書くので費用がかからない。

自分で書くのでいつでも書くことができる。

デメリット

形式を厳格に守らなければならず、要式違反で向こうになってしまう危険性がある。

専門家のチェックが入らないため、法律的に間違いが含まれる可能性がある。

家庭裁判所に持参をして検認手続きをしなければならない。

全文を自署しなければならないので、病気などによって文字を書けない方は作成することが出来ない。

自筆証書遺言はいざ遺言者が亡くなった際に無効になってしまう危険性が潜んでいます。
もっとも、手間や費用を抑えることができ、今すぐにでも書くことができるという手軽さがあります。

私も、実務上で自筆証書遺言を使って不動産登記をすることがあります。
その際には家庭裁判所の検認手続きを経なければならず
相続人には費用や時間がかかってしまうことになりますのでご注意ください。

相続手続きガイド

04-7199-2546 無料相談についてはこちら

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.