千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言はどれだけ使われているのか

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言はどれだけ使われているのか
についてのお問合せにお答えいたします。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は個人で自由に作成することができますので
年間に何通作成されているかの統計はありません。

ただし、自筆証書遺言を見つけた相続人はその遺言書を家庭裁判所に提出して
検認手続きを受けなければならないとされています。

そして、その検認手続きは1年間に約16000件(平成24年)です。

平成14年は約10000件でしたので昔に比べるとかなり遺言を作成するケースが
増えていることがわかってきます。

公正証書遺言

公正証書遺言は公証役場で作成されるものですので、
1年間にどれだけ作成されているかの統計があります。

1年間で約104000件(平成26年)作成されています。

こちらも、平成17年には約69000件だったことに比べると
1.5倍となっていて非常に作成件数が増えています。

秘密証書遺言

秘密証書遺言も公証人が関与するものなので作成件数の統計があります。

1年間で約100件(平成26年)作成されています。

自筆証書遺言や公正証書遺言に比べるとかなり少ないですね。

 

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.