千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川に出張・土日祝も可。不動産の相続登記ならお任せください。

親名義のままで不動産を売却できるのか

Q.「不動産の名義が亡くなった親名義のままなんだけど、
   この不動産って売却することはできるの?」

A.「相続登記をした後でないと売却することはできません」

「父親が亡くなって実家の管理を娘の私がしているのだけど、
実家の名義は親名義のままで変えていません。
けれど、相続人は私一人だから私が不動産を相続することは間違いありません。
この実家ってこのまま売却できるんでしょうか?」
といったご相談をいただくことがあります。

登記簿(登記事項証明書)は所有権がどのように移転していったのかを
正確に反映させる制度になっています。
(「登記は実体の鏡」といわれています)

ご質問の場合、実家の所有権は
「父親→(相続によって)娘→(売却によって)買主」
に移ることになります。

登記もこれに合わせて「父親→娘→買主」という流れにする必要があります。

そういった理由から、「父親→買主」とダイレクトに売却することはできないのです。

相続手続きガイド

相続手続きガイド

とうかつ司法書士事務所公式Facebookページ
PAGETOP
Copyright © 相続登記サポートセンター千葉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.